FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ifuku.blog35.fc2.com/tb.php/13-e1814f8b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自治を担う議会改革―住民と歩む協働型議会の実現

増補版 自治を担う議会改革―住民と歩む協働型議会の実現― [自治体議会政策学会叢書/Copa Books] (COPABOOKS―自治体議会政策学会叢書)増補版 自治を担う議会改革―住民と歩む協働型議会の実現― [自治体議会政策学会叢書/Copa Books] (COPABOOKS―自治体議会政策学会叢書)
(2007/08/06)
江藤 俊昭

商品詳細を見る



ローカルガバナンス学会でお世話になっている江藤先生が書いた書籍です。

今回、議会基本条例を制定するにあたり、議会が市民参加を求めるとき、協働という概念がはたして妥当かどうなのか?ということをポイントにしています。


この書籍は、住民と歩む協働型議会の実現という副題ですので、議会に協働という概念は使えるという主張です。
また、議会こそ市民との協働が必要だと言っています。

それが、協働型議会の構想です。

協働型議会とは、従来の監視型議会と市民参加を中心としたアクティブ型議会で構成されています。

これら2つの型は対立しているものではなく、むしろアクティブ型議会を踏まえた監視型議会が協働型議会であると言っています。

それは、アクティブ型議会だけでは、政策課程における議会の役割を軽視することになるからです。

実際には住民と協働しながら施策立案し、市長に対し監視や提言を言うという、いわばアクティブ型議会を含んだ監視型議会を協働型議会として考えるべきである。


協働型議会のもう1つの役割として、市民社会の醸成がある。

これは、住民が積極的に地域政治に参加するという地方自治の原則を具現化することである。

議員通しも十分に議論するが、アクティブ型議会のもう1つの役割は、住民自身が討議する場を設定するというものである。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ifuku.blog35.fc2.com/tb.php/13-e1814f8b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。